派遣事務から派遣プログラマーへ転身できたきっかけ

2018年9月6日エッセイ働き方

わたしは派遣事務から派遣プログラマーにジョブチェンジした身なのですが、その経緯ときっかけを今回は書いてみようと思っています。

転職活動をしていると、面談担当者からちょくちょく、、

「思い切ったことをされましたね」

とか、

「大変だったんじゃないですか?」

と、聞かれるので、ジョブチェンジする人は少数派なのかな?と、感じています。

経緯

派遣事務は前職のスキルを転職先に持ち出しにくい

派遣事務の仕事は主に、、、

・データ入力、作成(Excel、その会社独自のシステムなど)
・メールのやりとり
・電話応対

これらの毎日決まったことをする定型業務を正社員に代わってやるのが主な仕事だと思います。

その会社で働いている間はそれらの業務をもくもくと行っていればいいのですが、

問題は契約満了で派遣先が変わる時です。

上記の主な業務はどこの会社でもある業務ですが、

「その会社独自のシステム」「その業界特有の常識、用語」などはいくらそれらに精通していても新しい現場では活かすことができません。

新しい派遣先の研修が充実していたり、業務引き継ぎをしっかりやってくれるところだったらいいのですが、

「業務はやりながら、覚えろ」という派遣先も少なくありません。

派遣社員は新しく業務を覚えなければなりませんし、派遣先は業務を新しく教えなければなりません。

効率の良くない仕組みだな、と感じていました。

派遣事務のデータ入力、作成は自動化がすすむ

Excelや独自システムなどのデータ作成、入力作業は「このページのこのフォームにはこの値を入れる」ということがほぼ決まっていました。

このような作業こそプログラムが得意な分野で、プログラムを書いて、あとは自動で毎日そのプログラムが人に代わって入力してくれる、、といったことが可能です。

また人が入力するより、プログラムが入力するほうが精確です。

独自システムの仕様にもよりますが、今後「データ入力」という業務は減っていくと思います。

派遣社員は会社の業績が悪化したら、正社員を解雇する前に解雇される

電子部品を製造している会社で働いていた時にリーマンショックがありました。

「派遣切り」と話題になるくらい日本全体で派遣社員が契約を打ち切られたのですが、わたしも契約満了になりました。

自分より仕事のできない正社員がいるのに、真っ先に切られたのはわたしでした。

正社員は法律で守られていて解雇しにくいということは知ってはいたのですが、

いざ自分が真っ先に切られた時の衝撃は大きかったです。

しかもそのような時期だったので、なかなか次の派遣先も決まりませんでした。

きっかけ

このまま派遣社員を続けていたらヤバイ。。

とは、常々思ってはいたもののどうすればいいかわかりませんでした。

そんな時に出会ったのがドットインストールでした。

ドットインストール

2011年11月27日ベータテスト版がリリースされ、自分が登録したのは2013年3月22日。

これがわたしのプロフィールでして、、、(2017年11月18日現在)
総完了数:2153講座
視聴時間:90時間30分
学習日数:277日

69期生なのですが、

全ユーザー (約27万人) 中のランキングは、、
・レッスン完了数ランキング: 81位
・視聴合計時間ランキング: 79位

同期ユーザー (約840人) 中のランキング、、
・レッスン完了数ランキング: 1位
・視聴合計時間ランキング: 1位

です。

(こんだけ勉強して、プログラマーとしてまだこんなレベルなの?とたまに泣きたくなります)

当時夢中になって、HTML、CSS、JavaScriptの講座を受けていたことを今でも覚えています。

そこで勉強したことは派遣先でも活かす機会があり、ハイパーリンク集を作って、同僚に使ってもらったり、

JavaScriptを勉強したことでプログラムの基礎を理解していたので、データを自動生成するプログラムを書いて、Excelのマクロを組んだりできるようになりました。

他の講座も興味を持ったものはどんどん受講していったのですが、ある派遣先の契約満了時ハローワークに行った際、求職支援訓練受講者募集のパンフレットを見つけたことが今のキャリアにつながっています。

そのことについてはまた別の機会に書く予定です。

ドットインストールの特徴

プログラミング学習サイトが充実している昨今ですが、わたしがドットインストールをすすめる理由は、、、
・パソコンとネット環境があれば、無料で勉強できる
・スマホがあれば、隙間時間に学習できる
・レッスンのカテゴリが簡潔に整理されているので、復習、検索しやすい
・最初にその概要、必要なツール、その技術を学ぶ際に必要な知識を説明してくれる

講座が2017年11月18日現在4856講座もあるので、はじめての方には以下の手順で学習するのがおすすめです。

プログラミングはじめての方におすすめの学習順

「HTML入門」 → 「CSS入門」 → 「JavaScript入門」

ホームページを作成する際に必須の技術です。

それぞれを人の身体に例えますと、、、
HTML : 骨、骨格
CSS : 筋肉、神経
JavaScript : 脳からの指示、命令

にあたります。

まとめ

・事務職よりプログラマーの方がスキルを転職先に持ち出しやすい
・事務作業は今後より自動化が進む、もしくは人工知能が代替してしまう可能性が高い
・プログラマーはポートフォリオ(自分の作品、制作物)を作成できる
・無料でプログラミング学習できるサイトが充実してきた

以上が派遣事務職から派遣プログラマーにジョブチェンジできた主な理由です。

それではまた

スポンサーリンク

Posted by nobuhiro harada