[GCP]Compute Engine のインスタンスにFileZillaでファイル転送する(mac)

2019年6月8日ITGoogleCloudPlatform, WordPress

WordPress(Google Click to Deploy)を使って、Google Cloud Platform の Compute Engine に WordPress をデプロイしたですが、その時にファイル転送の仕方について調べたので、その手順です

(作業はすべて mac で行っております)

SSH 認証鍵ペアを作成する

基本こちらの手順通りです
https://cloud.google.com/compute/docs/instances/adding-removing-ssh-keys?hl=ja#createsshkeys

下記コマンドを実行

ssh-keygen -t rsa -f ~/.ssh/[KEY_FILENAME] -C [USERNAME]

例)
KEY_FILENAME:test
USERNAME:testuser

ssh-keygen -t rsa -f ~/.ssh/test -C testuser

こうすると、ホームディレクトリ直下 .ssh ディレクトリに

gce-filetransfer1

と、作成されます。

「test」 が 秘密鍵、「test.pub」 が 公開鍵 です (おそらく .pub 拡張子は public の略かと)

Compute Engineのインスタンスに公開鍵を適用する

GoogleCloudPlatform の ホーム画面から 「Compute Engine」 の 「メタデータ」 を選択します

gce-filetransfer2.png

SSH 認証鍵 タブを選択し、編集ボタンをクリック

gce-filetransfer3

続いて「+項目を追加」をクリック

「認証鍵全体を入力」の欄に先程作成した公開鍵 (例 test.pub) の内容を転記します

gce-filetransfer4

ユーザー名が表示されたのを確認し、「保存」ボタンをクリック

メタデータ カテゴリ内の SSH 認証鍵タブ の一覧に新規ユーザー (例 testuser) が追加されてるのを確認し、表示されていたら公開鍵の登録は完了です

FileZilla にインスタンスへの接続情報を登録し、接続する

FileZillaを開き、メニュー「ファイル」から「サイトマネージャー」をクリック

続いて「新しいサイト」をクリック

ホスト : Compute Engine のIPアドレス
プロトコル : 「SFTP – SSH File Transfer Protocol」を選択
ログオンの種類 : 「鍵ファイル」を選択
ユーザー : 1.で作成したユーザー名(例 testuser)
鍵ファイル : 1.で作成した秘密鍵へのパス(例 test)

「接続」 をクリック

成功すれば、このように表示されます

これで Compute Engine とローカルマシン間でファイル転送する際にいちいちコマンドを叩かなくてよくなります

ちなみにWordPress(Google Click to Deploy)を使って、最小構成にカスタマイズして、インスタンスを作成したのですが、

WordPress 本体 は /usr/www/html

Apache は /etc/apache2

にありました

ひとこと

今後のことを考えてクラウドを使ってみてるのですが、WordPressを使った中小規模のホームページは今後クラウドを利用するケースが増えるんでしょうかね?レンタルサーバー各社、https化は無料になりましたが、サーバー代はかかりますし、、今回Google Cloud Platform を使って、運営にいくらかかるのか随時ブログにアップしようと思っています

それでは、また^^

スポンサーリンク

Posted by nobuhiro harada