[バスケ][観戦メモ24] 福岡第一vs福大大濠 高校バスケ 2018 ウインターカップ福岡県予選決勝



大濠
・浅井選手、うまい。身体能力が高く、ポストで留学生もディフェンスできる。木林選手(199cm)が3Pを打っていて、第一の留学生はインサイドゴリゴリなのを観てると、ほんと入部する高校で選手としてのキャリアが変わるな、と
・横地選手、もうちょい点を取りたかったが、第一のディフェンスがよかった。
・第一がフルコートプレスをしてきて3,4ターンオーバーしたことと、プレスを突破してもオフェンスを組み立てる時間が短く、リズムが悪くなった印象。木林選手の3Pがなかったら、もっと点差が開いていたはず
・第一の松崎選手のトップからの1on1を止めるのにゾーンを敷いたのがよかったが、終盤に連続得点されたのは痛かった。

第一
・松崎選手、トップからの1on1はうまいし、シュートも安定していて、身体も強いが、ポストアップはできないのかな?と思った。大濠がゾーンを敷いて、突破できないとわかれば、切り替えていたのはよかったが、インサイドは留学生に任せて、アウトサイドに徹してるのだろうか。
・例年通りディフェンスが良い。留学生はインサイドゴリゴリで2人とも自分の役割果たしてた。

雑感
大濠がウィンターカップに出れない、ってこんな制度のままでいいのか、と改めて思う。ベンチメンバーもポテンシャルの高い選手ばかりでそんな選手達の実戦経験を奪っているのである。それでいて、全国に出ても1回戦で負けてしまうような高校が全国に出てしまう。悪平等だと思うが、挫折を経験するのが決して悪いことではないことも考えると、、。何十年と続いてきた制度を変えるのは難しいので、Bリーグの下部組織と高校がうまいこと連携取って、リーグ戦をできないのかな、と思う。道州で分けて、、

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
スポンサーリンク
レクタングル大