[本] プログラマーやってて体調悪い、身体が重い人は食生活見直してみるといいかも!? (ジョコビッチの生まれ変わる食事 あなたの人生を激変させる14日間プログラム)

2019年6月4日

プロテニスプレイヤーのノバク・ジョコビッチ選手の本「ジョコビッチの生まれ変わる食事 あなたの人生を激変させる14日間プログラム」がおもしろかったのでご紹介。

ジョコビッチ選手とグルテンフリーについてはこちらがわかりやすかったです。
実家がピザ屋なのに…ジョコビッチが小麦を抜いたら世界一になれた!

ジョコビッチ選手はグルテンフリー(小麦粉の含まれる食品を摂らない)にしたことでパフォーマンスが改善し、ランキング1位になれましたが、

これをIT業界に当てはめてみると、、、

プログラマー、エンジニアも体調崩す人が多いじゃないですか?

カップ麺食べて、モンスターエナジー飲んだりと

人によって耐性が違うのでなんとも言えませんが

体調不良がデフォルトな人は食生活を見直してみるといいかもしれません。

かくいう私は牛乳がダメでして、大学以降はカゼインフリー(乳製品を摂らない)にしています。

今は昔、中学、高校の時にバスケットボールをやっていたのですが、どうしても身長を伸ばしたくて毎日牛乳を飲み、コーンフレークに牛乳注いだものをよく食べていました。

白ご飯や肉、野菜を食べるより牛乳を飲んだほうが身体によく、身長も伸びると思っていました。

で、結果どうなったのかといいますと、現在身長165cmです。

(もしかすると牛乳飲んでなかったら、もっと低かった可能性もありますが)

日によっては1日2リットル飲んだりしていたのですが、それでこの身長。

今思い返すと「牛乳飲んだら、身長伸びる!」という売り文句は「XXX飲んだら、絶対5キロ痩せる!」というダイエット食品と同じで詐欺だったのでは?と思います。

身長伸びなかっただけならまだしも、副作用もひどくて、ニキビ、体臭、下痢に悩まされる日々を送っていまして、それが原因でイジメやシカトにもあい、自暴自棄になりと散々でした。

自分としては身長伸ばして、バスケで活躍したいという一心だったのですが、、、

大学生になり、バスケへの情熱が冷め、高身長への執念がなくなったら、牛乳を飲まなくなり、ニキビも体臭も下痢も改善しました。

アレルギーは身体に影響があるだけでなく、精神面でも怒りやすくなったり、集中力が散漫になったりすることもあります。

せっかくプログラマー、エンジニアとして活躍してるのに食事が原因の体調不良で才能やそれまでの努力を台無しにするのは勿体無いので

「今日もだるいな〜」

「エラー解消できへん、イライラする〜」

「勉強しても集中できへん」

(↑食べ物のせいだけではないかもしれませんが)

上記にピンときて、食生活があまりよろしくない方は食事を一度見直してみるといいかもしれません。

以上になります。

スポンサーリンク

Posted by nobuhiro harada