[WordPress] さくらのレンタルサーバ(スタンダード)とGoogleCloudPlatformとで費用、表示速度を比較してみた

ITGoogleCloudPlatform, WordPress

当ブログをさくらのレンタルサーバからGoogleCloudPlatformに移行して、1週間が経ちました。

移行してから、記事の表示だけでなく、WordPressの管理側の記事の更新やプレビュー表示がすごく速くなりました。

気になったので、両環境を比較してみました。

対象サービス

さくらのレンタルサーバ(スタンダード)

https://www.sakura.ne.jp/

GoogleCloudPlatform(ComputedEngine)

https://console.cloud.google.com/marketplace/details/bitnami-launchpad/wordpresspro

リージョンは「us-west1」です。

動作環境

さくらのレンタルサーバ(スタンダード)

WordPress 5.2.1 (Luxeritas Theme)
OS FreeBSD 9.1
PHP 7.3.4
MySQL 5.5

GoogleCloudPlatform(ComputedEngine )

WordPress 5.2.1 (Luxeritas Theme)
Debian 9
PHP 7.3.5
MySQL 8.0.16

さくらのMySQLが5.5とかなり古いですが、それほど挙動には影響がないのではないかと。

(CPU、ストレージなども重要ですが、ここでは省略します。)

PageSpeed Insightsのスコア

さくらのレンタルサーバ(スタンダード)

モバイル

パソコン

GoogleCloudPlatform(ComputedEngine )

モバイル

パソコン

(https://b-goal.comとhttps://nobuhiroharada.comとドメインが違いますが、中身は同じWordPressとテーマです。)

さくらのレンタルサーバ(スタンダード)が、モバイル:84、パソコン:86

GoogleCloudPlatform(ComputedEngine )が、モバイル:97、パソコン:100

かなり差があります。

費用

さくらのレンタルサーバ(スタンダード): 515円 / 月

GoogleCloudPlatform(ComputedEngine、CloudDNS): 31円 / 月(※まだ1週間しか利用していないため、予想合計費用です。費用はほぼCloudDNSの費用です。)

気になるお値段の方ですが、GoogleCloudPlatformの方が断然お得です。

運用してみての雑感

記事の更新、プレビュー表示など管理画面の動作が爆速になりました。

プレビュー表示の際にWordPress5系になってからは「W」のマークが出たり消えたりしますが、GoogleCloudPlatformの方のWordPressではプレビュー表示まで「W」のマークは1回しか表示されませんが、 さくらのレンタルサーバは4回表示されます。

記事の表示速度が速いのはどこかでキャッシュしてるのかな、と思ったのですが、管理画面側の挙動はPHPが動いているはずです。PHPが動いていて、この速さ。さくらのレンタルサーバはインスタンスがどこで動いてるのか知りませんが、GoogleCloudPlatformのComputed Engine自体はアメリカに西部にあります。アメリカ西部で動いていて、このスピード差は一体???

まとめ

さくらのレンタルサーバ(スタンダード)とGoogleCloudPlatform(ComputedEngine)を比べると、GoogleCloudPlatform(ComputedEngine)の方が速くて、安いです。

新しくWordPressを立ち上げるなら、GoogleCloudPlatformを利用されるのがおすすめです。

移行の場合でも、管理画面での日々の運用が快適になるので一考の価値はあると思います。

当ブログを移行した際に詰まった点と解消手順をまとめてますので、よければご参考ください。

以上になります。

スポンサーリンク

Posted by nobuhiro harada